ライブ・フェス

日帰りも泊まりもこれだけあればOK!夏フェス服装・持ち物リスト

どうも、夏フェス大好きべちまる(@bechimaru)です。

いつも夏フェスに行く準備をするときは持ち物何がいるっけ?!とテンパるのがお決まりの流れです。

今回は持ち物一覧表を作ったので、私みたいにテンパるみなさんやフェス慣れしていない方のお役に立てればと思います!

こんな人におすすめ!

  • 夏フェス初心者
  • 夏フェスの持ち物を知りたい人

どんな服装で参戦するのがいい??

画像にまとめてみました!

上から順番に解説して行きます。

OK服装

  • 髪の毛は束ねる
    長い場合は束ねるのがベスト。束ねないと知らない人の口の中に入ることも。
  • 首元にタオル
    汗を吸収してくれるのでGOOD!
  • Tシャツ
    動きやすい!汗も吸収してくれる!
  • ズボン
    動きやすい!ポケットにチャックがあると使いやすい!
  • 履き慣れたスニーカー
    たくさん歩くので履き慣れたものが一番!

NG服装

  • 髪の毛をお団子にする
    後ろの人がライブを見れなくなる場合も。
  • アクセサリーNG
    ゴリゴリしたアクセサリーは注意。激しいライブや前の方に行く場合は、人に当たると怪我の原因にも。
  • ミニスカートNG
    前の方に行く満員電車状態。痴漢されることもあるので注意。
  • ピンヒールNG
    ライブ中に人の足を踏むと怪我の原因に。

今のご時世の影響で、距離感がある状態でのライブが多いので、NGの服装もそこまで注意する必要はないかもしれません。

ただ、どうしても前の方で見たい!となると人も多くなるので、自分の身を守るためにもなるべくNGの服装を避ける方がいいでしょう。

ライブするアーティストやフェスの雰囲気によって服装は調節してくださいね。

夏フェスの持ち物【日帰り】

では早速、日帰りの持ち物を見てみましょう〜!

(日帰り)持ち物一覧表

  • 【必須】チケット
  • 【必須】財布
  • 【必須】スマホ
  • 【必須】タオル
  • 【必須】マスク
  • 小さめのカバン
  • 小さめのビニール袋
  • モバイルバッテリー
  • 帽子
  • 着替え
  • 日焼け止め
  • 汗拭きシート
  • 化粧品
  • ラバーバンド
  • 耳栓
  • 塩飴
  • レジャーシート

【必須】チケット

これがなければ、会場に入れません。

絶対入れましょう。

最近は、電子チケットも増えているので、その場合はスマホを忘れずに。

【必須】財布

忘れたら大惨事。絶対入れておこう!

クレジットやQRでの支払いができる会場も増えていますが、フェス会場でお金を下ろせるところはあまりありません。

現金派は事前にお金を準備しておきましょう。

【必須】スマホ

スマホも必須。

電子チケットの場合忘れると入れないので注意しましょう!

【必須】タオル

汗メチャクチャかくので持っておきましょう。

物販などでグッズとして売っているので現地調達可能です!

2枚あると帰る際にも使えて便利。

【必須】マスク

ご時世的に必需品となってしまったマスク。

汗をかくので、日帰りの場合でも2〜3枚は必要。

冷感仕様のマスクだとちょっとマシです。

小さめのカバン

おすすめは体から離れない小さめのもの。

ボディバッグ。

ペットボトルが入るとなおよし。

小さめのビニール袋

私はクロークに大きい荷物を預けてその中に財布も入れちゃいます。

なので小さめのチャック付きのビニール袋を財布がわりとして持ちます。

ポケットに入るので便利!個人的にはA8サイズがベスト。

モバイルバッテリー

充電が心配な人は持っていきましょう!

最近ではタイムテーブルやフェス会場の地図などもスマホで見るところも増えてきているので、あると便利です。

帽子

熱中症対策です。

最近の夏フェスはとにかく暑い!

物販で確実ではありませんが売っている可能性も。

必須ではありませんが、持って行っておくと良し。

着替え

着替えも必要です。

炎天下の中でのフェスはとにかく汗をかきます。

私の場合、近場だと着る分以外でTシャツ1枚は持っていきたい。

遠方の日帰りだと、着る分以外でTシャツ2枚、ズボン1枚を持って行って、帰る時に綺麗な服で帰りたい。

Tシャツを着替える場所は主にトイレ。

日焼け止め

日焼け止めは必須ではありませんが、焼けたくない人は絶対持って行きましょう!

汗拭きシート

あると便利。スーッとするから暑さ対策にも。

女性ならこれも便利!

個人的にはこれもおすすめ。寒っ!!!ってくらいの爽快さ

化粧品

いる方は持っていきましょう!

とはいっても、フェスの最中は汗がすごいので、メイク直す気力が出ません…。

メイク直しというより汗で落ちても大丈夫なメイクにしておく方がいいです。

気になる方は帰りにさっとメイク直しをするくらいになりそうです。

ラバーバンド

好きなバンドのラバーバンド持っている方も多いはず。

私はよく忘れていくので書いておきますw

物販にて現地調達可能です!

耳栓

スピーカーの前だと爆音。

騒音性難聴と言って耳が悪くなる場合もあります。

バンドを前の方で見たい!という方は持っておきましょう。

塩飴

熱中症対策として。

水分からの補給も大事ですが、フェス中は行列になることもしばしば。

手軽に塩分を補給できるので持っておくと便利です。

レジャーシート

座る場所を確保したり、荷物を置いとけるので便利。

フェスによってはレジャーシートからライブが観れるところもありますよ〜!

都会のフェスでは、レジャーシート持ち込み不可の場合もあるので、詳細は確認しておいてくださいね。

夏フェス持ち物【1泊2日】

日帰りでの持ち物にプラスして持っていくものです。

(1泊2日)持ち物一覧表

  • 【必須】充電器
  • 【必須】マスク2日分
  • 【必須】着替え1泊用
  • クレンジング
  • スキンケア
  • お風呂系アイテム(シャンプー・リンス・ボディーソープなど)

【必須】充電器

充電器は必需品!

【必須】マスク2日分

1日で2〜3枚必要なので、

泊まりの場合は5〜6枚あると安心ですね!

【必須】着替え1泊用

2daysでフェスに行く場合もあると思うので、2パターンで作成しました。

1日目に着ていく分は含めていませんので、ご注意ください。

次の日がフェスではない場合

フェス中の着替えも合わせると、

フェス中→Tシャツ1枚(着替え用)タオル1枚

宿泊用→下着1セット、タオル1枚、靴下1セット、次の日の服上下セット。

泊まる場所によっては、パジャマなども持って行きます。

次の日もフェスの場合

1日目のフェス→Tシャツ1枚(着替え用)、タオル1枚

宿泊用→下着1セット、タオル1枚、靴下1セット二日目の上下セット。

2日目のフェス→Tシャツ1枚(着替え用)、タオル1枚

泊まる場所によってはパジャマも。めんどくさい人は次の日のフェスに行く格好で寝ましょうw

クレンジング

化粧をする人は必須。

個人的には化粧落としシートをおすすめします。

持ち運びが楽だからですw

スキンケア

スキンケア必要な方は必須アイテム。化粧水・保湿。

泊まるところに寄れる余裕があるなら冷蔵庫で冷やすのがおすすめ!

日焼けするので冷たいと気持ちが良い〜!

お風呂系アイテム

泊まる場所にもよりますが、シャンプー、リンス、ボディーソープなどこだわる人は持っていきましょう。

まとめ

ここまで書きましたが、最低でもチケットとスマホと財布があればあとはなんとかなります!

みなさんも参考にしてみてください!

以上べちまる(@bechimaru)からでした!